長野市周辺の消防用設備法定点検、消防用設備設計・施工・修理、防火対象物定期点検、消防・防災用品

logo


防火対象物定期点検

防火対象物定期点検とは?

平成15年10月1日に施行された消防法の改正にともない、一定の防火対象物の管理について権限を有する者は、防火対象物点検資格者に防火管理上必要な業務等について点検させ、その結果を消防長または消防署長に報告することが義務付けられました。この点検は消防用設備等定期点検とは異なりますので、防火対象物点検の対象は、両方の点検および報告が必要となります。

消防設備士が点検を行わなければならない対象建築物
 消防法第8条該当の特定防火対象物のうち、次のいずれかに該当する防火対象物
  • 特定防火対象物で収容人員が300人以上のもの
  • 特定用途が3階以上又は地階にあり、避難階又は地上へ通じる直通階段(屋外階段を除く)が1つの防火対象物で、収容人員が30人以上300人未満のもの

点検時期と報告
  • 点検時期・報告ともに年1回
  • 特例認定
    過去3年以上消防法令違反等がないことを消防機関から認定された防火対象物は、3年間防火対象物の定期点検及び点検結果の報告が免除され、「防火優良認定証」を表示することができます

お問い合わせは