長野市周辺の消防用設備法定点検、消防用設備設計・施工・修理、防火対象物定期点検、消防・防災用品

logo


防火設備定期検査

防火設備定期検査とは?

防火設備検査は、2016年6月から建築基準法の改正に伴ない新設された検査です。公共性のある建築物や第三者が多数利用する建築物の防火設備を対象とした検査です。
定期検査の対象となる防火設備は、防火扉・防火シャッター・耐火クロススクリーン・ドレンチャーの4種類です。
感知器を作動させ、それぞれの防火設備が正常に動くかを検査します。

防火扉
防火扉は、階段によく設置されており、この防火設備検査で対象となる「随時閉鎖式」と、機構が単純な為、特定建築物の定期調査の際に点検する「常時閉鎖式」があります。
  • 随時閉鎖式・・・普段は開放されているが、火災時に感知器連動でロックが解除され自動的に閉鎖するもの。温度ヒューズが溶解し、ストッパーが外れ閉鎖するものも随時閉鎖式となり、検査報告の対象です。普段は開放されているため火災時にきちんと防火扉が閉鎖しないと、防火区画の形成がされません。
  • 常時閉鎖式・・・普段から閉鎖状態で使用するもの。通行する際に開け閉めするもので常に閉まっている状態のため、防火区画は形成されています。このタイプの防火扉は「特定建築物」の調査時にチェックしますので、防火設備の定期検査では対象外です。
防火シャッター
防火シャッターは、比較的大きな開口を閉鎖しなければならない場合に設置されます。病院やスーパー、ショッピングモールなどの複合施設のエスカレーターや吹き抜け周りによく設置されています。
耐火クロススクリーン
耐火クロススクリーンは、防火シャッターと同じように天井からスクリーンが降下してきて防火区画を形成します。小さなものはエレベータの前に、また比較的大きなものは病院や倉庫などに設置されています。 ガラスクロス製でできており炎と煙を遮断します。特徴としましては、防火シャッターに比べてとても軽量で、柔らかい素材でできているため接触しても安全です。避難する際は持ち上げるか、切れ目をめくり上げる形で通ることができます。
ドレンチャー
ドレンチャーは、火災時に作動すると、天井の散水ヘッドから水が噴射し「水幕」を形成することで火煙の広がりを遮断します。駅、空港その他大規模施設など、シャッターなどでは閉鎖できない大きな空間がある建物で設置されています。似たような設備に消防のスプリンクラーがありますが、こちらは火災時の初期消火を目的とするもので、ドレンチャーとは機能が異なります。

お問い合わせは